レフィーネと普通の白髪染めの違いは?

レフィーネと普通の白髪染めの違いは?

レフィーネと普通の白髪染めの違いは大きく分けて3つあります。

 

比較して書いていきます!

 

 

染め方がまったく違う

 

染め方イメージ

 

普通に売られている白髪染めは1回でキレイに染まるのにレフィーネヘッドスパは1回ではキレイに染まりません。

 

もうこれは白髪染めの作り方が違うので仕方ないのですがちょっとこれは嫌な人は嫌だと思います。

 

市販の白髪染め

普通に薬局で購入できるタイプの白髪染めは髪にあるキューティクルを化学薬品を使って無理やり開いて染料を流しこんで安定させるタイプです。
なので染料はすぐに髪に馴染むので1回でキレイに染まりますが・・・

 

レフィーネヘッドスパ

レフィーネヘッドスパはキューティクルを開いて染めるタイプではありません。
化学薬品が入っていないのでキューティクルを開くという事自体をしないで髪の表面からイオン結合させて染めるタイプです。

 

その為、1回使っただけでは全てキレイに染まるという作りではないんです。
数回使えばキレイに白髪は染まりますが、最初は毎日5日前後は使わないと完全にキレイには染まりません。
参考までに私の場合は4日間かかりました。

 

 

染まった後の髪の色の落ち方が違う

 

普通に購入できる白髪染めはしっかりとキューティクルを開いて染料を髪の奥まで浸透させるので染めた後はなかなか色は落ちないですが、レフィーネヘッドスパは使っていくのをやめたら個人差はあるそうですがだいたい1週間ぐらいで落ちてしまいます。

 

私も試しにやってみたらだいたい10日前後でキレイに色が落ちてしまいました。

 

白髪を染めて色が落ち着いてきたら週に2〜3日使えば問題はありませんがほったらかしがいいのに!と思っている人には問題だと思います。
実際には2〜3週間もすればまた髪の根元から白髪が生えてきて目立つのであまり気にすることはないかもしれないですが・・・

 

 

 

安全性がまったく違う

 

髪

普通に薬局で購入できるタイプの白髪染めは化学染料や化学薬品が入っています。この為、髪がバサバサになってしまったり頭皮が痛くなってしまったりするのです。
(詳しくは、普通の白髪染って危険なの?調べてみたら・・・に書いています。)

 

それと違いレフィーネヘッドスパは天然成分で作られていて人体に害があると言われている化学薬品は一切使われておらず無添加のタイプです。

 

体に安全なのは言うまでもなくレフィーネヘッドスパトリートメントです。
私も最初はちょっと疑っていたのですがレフィーネを使っても髪はバサバサにならないし、髪にツヤも出てとてもキレイになりました^^
手で使えるぐらい安全なものしか入ってないので気軽に使えるのも嬉しいですね。

 

 

 

 

大きく分けて違いはこの3つだと思います。

 

1回でキレイに染めてあとは何もしたくない!と言う場合は市販されている白髪染めがいいと思いますが、体への負担を考えて使うなら長年使っていくものだからこそ安全なレフィーネということだと思います。

 

 

 

 

購入ボタン